【悲報】WW2の米兵さん、フランス女性を犯しまくりだった 「性交を見ずに街を歩くのは不可能」

【悲報】WW2の米兵さん、フランス女性を犯しまくりだった 「性交を見ずに街を歩くのは不可能」

1: 2020/10/30(金) 14:30:23.02 ID:m+XiYPlbM
youngwoman_37

「解放者」米兵、ノルマンディー住民にとっては「女性に飢えた荒くれ者」

(略)
■「女性を隠せ」、街中いたるところで性行為
米メディアがノルマンディーに上陸した米兵について、キスをする米兵と若いフランス女性の写真を掲載するなどロマンチックな視点で
解放者として描いていた間、地元の人々は「問題」に直面していた。
地元には、「ドイツ人を見て隠れるのは男たちだったが、米兵の場合は女たちを隠さねばならなかった」という話が伝わっているという。

米兵たちの放蕩ぶり、不法行為、さらには組織的な人種差別などもあった。「GIはどこでも所かまわずセックスしていた」とロバーツ教授。

特に、ルアーブル(Le Havre)やシェルブール(Cherbourg)では米兵たちのマナーの悪さが目立ったという。
米兵たちは、女性を見れば既婚女性でさえ公然とセックスに誘い、公園、爆撃を受けて廃墟と化した建物、
墓地、線路の上など、街中いたるところが性行為の場となった。
しかし、全てが両者の合意のもとで行われたわけではなく、米兵によるレイプの報告も数百件残されている。
ロバーツ教授が調べた資料によれば「セックスをしている男女を見かけずに街を歩くことは不可能」なほどで、
当時のルアーブル市長が米駐留部隊の司令官に改善を求めたと記されていた。
米軍の上官らは兵士たちの行為について公式な非難声明は出したが、改善の努力はしなかったという。

引用元: ・【悲報】WW2の米兵さん、フランス女性を犯しまくりだった 「性交を見ずに街を歩くのは不可能」

http://ad999.biz/code/inline.js?id=2140

続きを読む

Source: ニコニコVIP2ch