【訃報】人気イラストレーターさん、若くして死去 → 生前最後のツイートが泣ける・・・

【訃報】人気イラストレーターさん、若くして死去 → 生前最後のツイートが泣ける・・・

【訃報】“巨大猫”のイラストレーター・もの久保さんが逝去 生前最後のツイートで「誰もが幸せであることを願っています」 [朝一から閉店までφ★]

1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/02/01(火) 05:14:11.52 ID:CAP_USER9

2022年01月31日 22時45分 公開

“巨大猫”のイラストレーター・もの久保さんが逝去 生前最後のツイートで「誰もが幸せであることを願っています」

親族も「作品が皆様の心の片隅でひっそりと息づいていけますように」とコメント。
[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 『Megalophilia』『メガシア異界譚』(ともにKADOKAWA)などの作品集で知られる、イラストレーターのもの久保さんが1月24日に逝去していたことを、KADOKAWAのコミックレーベル「キトラ」が1月31日に公式サイトで公表しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 「キトラ」公式は、「独創的な作風と優しいお人柄で多くのファンに愛された作家でした」と、生前のもの久保さんを追想し、「今はただ惜別の情を禁じ得ません」と追悼コメントを発表。

 もの久保さんの「姉」を名乗るTwitterアカウントも「キトラ」公式の訃報ツイートを引用し、ファンや関係者に「もの久保の作品を愛し、画業を応援していただきましたこと、厚く御礼申し上げます」とコメント。「もの久保の作品が皆様の心の片隅でひっそりと息づいていけますように」とささやかな願いを込めてつづっていました。

 『Replicare』などの作品集を扱っていた「小学館集英社プロダクション」の公式サイトも「唯一無二の芸術家で、また誠実に仕事に向き合われた方」だったと故人を偲んだ他、
ネット上では多くのファンが「独特の世界観を描かれていて好きだったのに急過ぎる…」「え!? うそ! なんで!? ってリアルに声が出た」「僕の好きな世界が一つ消えてしまった立ち直れる気がしない」と、突然の訃報にショックや悲しみをあらわにしています。

no title

もの久保さんの作品集『Megalophilia』(画像はAmazon.co.jpから)

 もの久保さんは巨大化した猫や狼狐など、“異界のぬし”たちをテーマに据え、夢と現実の間にある不思議な世界を一貫して追及。2021年10月に作品集『ねなしがみ』を発表しており、生前最後となった2022年1月16日のツイートでは

「年明けに言えなかったので今言いますが、私の作品を好きになって(もしくはなんとなく気にかかって)くださってありがとうございます」とファンに感謝の言葉を送るとともに、「少なくとも自分以外の誰もが可能な限り幸せであることを願っています」と書き遺していました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/31/news201.html

もの久保さんのイラストたち
次のページへ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/31/news201_2.html

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む
Source: NEWSまとめもりー