テレビ業界「最近、恋愛ドラマを見てくれる人が少ない・・・」

テレビ業界「最近、恋愛ドラマを見てくれる人が少ない・・・」

1: 2019/11/10(日) 13:01:49.54 ID:0eqHrHZU0 BE:123322212-PLT(13121)
tv_drama

sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 11月7日放送の「モトカレマニア」(フジテレビ系)第4話が視聴率3.0%という厳しい結果に終わりました(ビデオリサーチ、関東地区)。
通常より30分遅いスタート時間ではあったものの、前番組のボクシング中継が15.2%の高視聴率で「ある程度そのまま見てもらえるのでは」
という期待もあっただけに、関係者のショックは計り知れないものがあります。

 同作は、第1話5.6%、第2話5.2%、第3話4.1%と当初から低迷。視聴率に含まれない録画視聴やネット視聴が増えているとはいえ、
今後の存続が危ぶまれるほどの低空飛行が続いているのです。

 ただ、苦戦している恋愛ドラマは、同作だけではありません。主人公と血のつながらない義姉との愛を描いた「4分間のマリーゴールド」(TBS系)の視聴率は、
第1話10.3%、第2話7.8%、第3話7.6%、第4話6.2%。バイオリン教室で出会った男女の恋と絆を描いた「G線上のあなたと私」(TBS系)の視聴率は、
第1話7.8%、第2話8.8%、第3話7.3%、第4話6.9%と、他ジャンルの作品よりも明らかに苦しい状況が続いています。

 なぜ、恋愛ドラマはこれほど壊滅的な状況になっているのでしょうか。単に「時代が変わったから」「恋愛に関心のある若者が減ったから」ではない
3つの理由があるのです。

30代以上と既婚者の恋愛ドラマ離れ

 1つ目の理由は、30代以上や既婚者の意識が変わったから。

 確かに、以前に比べると若年層の恋愛優先度は下がっていますが、それでも恋愛映画が量産され、恋愛リアリティー番組が話題になるなど、
一定以上の関心を集めています。

 テレビドラマにとって恋愛優先度の低下よりも問題なのは、「30代以上と既婚者に見てもらえなくなった」こと。かつては30代以上も既婚者も
恋愛ドラマを楽しんでいましたが、現在ではほとんど関心を示してもらえないのです。

 かつては、30代以上も既婚者もドラマ内の「他人の恋愛」を楽しんでいましたが、最近は「自分の人生」を第一に考え、それに関わらないものから
距離を置くようになりました。そのことは、身近な事件を扱う刑事ドラマ、病気や治療法が分かる医療ドラマなどが高視聴率を獲得していることからも
分かるのではないでしょうか。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00052864-otonans-ent

/* */

http://static.adroute.focas.jp/js/adroute_ads.js

引用元: テレビ業界「最近、恋愛ドラマを見てくれる人が少ない・・・」


続きを読む

Source: ニコニコVIP2ch